法務のお仕事

法務とは「法律に関する事務」を表す言葉です。企業法務、国際法務、海外法務、渉外法務等と区分し呼ぶ事もあります。企業には必ず法務部が有る訳ではなく、内容により総務や営業の仕事とされる事もあります。

企業法務

法務のお仕事

「法務」と言ってどんな内容を思い浮かべるでしょうか?法務省、法務局等が一般的には思い浮かびますが、具体的な仕事内容というと、ピンとこない場合が多いです。

「法務」という言葉は仏教の役職を表す場合もありますが、一般には「法律に関する事務」等を表す言葉です。

企業の法務は「企業法務」、複数の国が関わってくる法務は「国際法務」、日本以外の法務は「海外法務」、外国人対象の法務は「渉外法務」と区分して呼ばれることもあります。

企業法務では株主総会等の運営、契約書作成、訴訟、債権・債務の管理、法律相談、法に関することに対する企業内部への教育等が行われています。

企業の法務部ではその業務の内容により担当者がいる場合も多いです。

訴訟の担当になった場合、その企業が有する物品の模造品の取り締まり等も仕事となります。

仕事の内容の性質上、海外とのやりとりも多くなりますし、海外通貨を取り扱うことも多いでしょう。

英語が使えることはもちろんの事法律に関する英語をしっかりと身に着ける必要があるでしょう。

ただ、企業に必ず法務部があるわけでもなくまた全てを必ず法務部で行わなければいけないわけではありません。

その内容によって総務部や営業部の仕事とされることも少なくありません。

エイパスは、そんな法務に関する求人を豊富に取り扱っています。

< 関連情報サイト>
JIIMA---法務委員会

Copyright (C) www.safetypig.com. All Rights Reserved.

企業法務