弁護士から企業法務へ

弁護士は法律の専門家ですが、企業法務としての仕事は法律だけではとどまりません。企業法務と一言で言っても仕事内容は企業によって様々です。採用するメリットを企業側にキチンと説明出来る様にしておきましょう。

企業法務

弁護士から企業法務へ

弁護士は言うまでもなく法律の専門家です。

それでは弁護士から企業法務への転職といった点から考察するとどうでしょうか?もちろん法律の専門家としてのキャリアは充分生かせるでしょう。

ただ企業の環境を常に頭に置きながら仕事する事、また通訳として仕事を行う事等、今までの弁護士としてのキャリアでは着手したことのない分野の内容の仕事の責務を担う事も充分に考えられるでしょう。

企業人としてのキャリアがない事でビジネスの実態を充分につかめず苦労する事も考えられます。

また企業の法務部と言っても企業によって様々です。

仕事の中心が契約書管理であったり、特定の法律に長けている人材を必要としていたり、企業によっては法務部ではなく他の部署で行っている仕事の内容が、自分自身がやりたいと思っていた仕事の内容と合致している場合もあります。

企業法務としての仕事は法律だけではとどまりません。

その点をよく頭において転職活動を行う事が必要です。

ただ別の側面からみると、弁護士は今までの顧客からの依頼を通じて、多種多様な契約や交渉を目の当たりにしているので、そのキャリアは企業人としてのキャリアに匹敵しているとも言えます。

自分自身のキャリアを充分に理解し、企業に自分自身を採用する事によってメリットがある事を冷静に説明出来る様にしておきましょう。

< 関連情報サイト>
JIIMA---法務委員会

Copyright (C) www.safetypig.com. All Rights Reserved.

企業法務