企業法務の仕事の一例

企業法務の仕事は多岐に渡り、内容も濃くその企業特有の問題が発生する事も多々ありますが、構えすぎず自分の知らない事が何かをを理解し、様々な質問に早く慣れて同じ失敗を繰り返さないようにしましょう。

企業法務

企業法務の仕事の一例

企業法務の仕事の内容を一言でいうと企業内の法律関係担当の事務です。

簡単なように聞こえるかもしれませんがその内容は多岐に渡ります。

中身も濃くやりがいのある仕事と言えるでしょう。

その中でも企業内からの法的な質問に答えることも重要な仕事の内の1つです。

その質問の内容が法的に問題がある場合もあり、その問題が発生しないようにどの様な対応すれば良いかを検討し解決していく必要があります。

特に電話でのやりとりになると直接顔を合わせていない分、難しくなります。

大体の場合、法的な問題ゆえに判断がつきかねていて困って電話を掛けてきています。

企業法務に電話を掛けて来た相手は急ぎの場合も多く早口になりがちです。

社内特有な用語等も多く含まれる事も多くなり、内容を正しく理解するのは簡単なことではないでしょう。

問題のない場合でも企業内で発生しうる法的な問題を見つけて対応しそれを企業内関連部署及び経営陣へ知らせる必要があります。

しかし最初から構えすぎず、むしろ真摯に目の前の業務と取り組む姿勢や前向きに失敗から学ぶ姿勢の方が大切と言えます。

自分の知らない事が何かをを理解し、そして様々な質問に早く慣れて同じ失敗を繰り返さないようにしましょう。

< 関連情報サイト>
JIIMA---法務委員会

Copyright (C) www.safetypig.com. All Rights Reserved.

企業法務