企業が求める企業法務とは?

企業が企業法務の担当者を採用したい場合、資格を有しているか、企業法務の経験があるか等の他にも働く意欲、自ら学習する意欲があるかをみます。企業の求める人材に近付く事がその企業に入社する一番の近道です。

企業法務

企業が求める企業法務とは?

企業が企業法務の担当者として採用する人材に求める事はどういった事でしょうか?英語が堪能であるか、司法試験合格者であるか、転職の場合は、企業法務の経験があるか、国際法務の経験があるか、もちろんその企業の為に働く意欲が充分あるかどうか等が企業法務を担当するに当たって求められる条件になるでしょう。

ただ、そういった条件を満たしている人材は、現職での収入や地位が充分に保障されている場合が多く、転職に対するモチベーションが低い場合が多いです。

新卒者を一から大事に育てようという企業もありますが、企業法務を希望する新卒者自体が少なく、企業も頭を抱えている状態です。

今後はその企業独自の企業法務の仕事の内容ではなく、一般的な法律の知識があれば解決できる内容の企業法務の仕事であれば司法試験の制度改革により急速に増加した弁護士を採用する企業も多くなるでしょう。

弁護士の資格がある方が転職の際に有利に動くことは有り得ますが、それよりも自分自身の力で学習していく意欲が大事になります。

転職活動の際も、その意欲を上手く企業側に伝える事が大切になります。

企業の求める人材に近付く事が、自分が希望する企業に入社する一番の近道です。

< 関連情報サイト>
JIIMA---法務委員会

Copyright (C) www.safetypig.com. All Rights Reserved.

企業法務